雑誌読み放題サービスおすすめランキングTop3。雑誌ラインナップや月額料金の安さで比較

POSTED IN:2020年2月10日 
by:

BOOK

【無料体験あり】雑誌読み放題サービスおすすめランキングTop3。雑誌の種類や月額料金の安さで比較

週刊誌やファッション誌など、毎月雑誌を購入していると「お金がかかってしょがない…」と感じていませんか?

雑誌を買うお金を少しでも節約したい方におすすめなのが「雑誌読み放題サービス」です。

雑誌読み放題サービスであれば、電子書籍なのでスマホ・PC・タブレット上から読むことができ、「本がかさばらない、雑誌一冊よりも安い値段でたくさん読める」、といったメリットがあります。

そこで今回は、数ある雑誌読み放題サービスの中でも特におすすめだと思う3つを記事にしてみました。

雑誌の購入費用を抑えたい方、どこのサービスを利用しようか悩んでいる方は参考にしてください。

関連記事:【本読み放題サービス】Prime Readingをレビュー。Amazonのプライム会員なら無料で利用可能

 



雑誌読み放題サービスとは?

雑誌読み放題サービスとは?

雑誌読み放題サービスとは、毎月定額料金を支払うことで色々な雑誌が読み放題になる今流行のサブスクリプション(定期購読)のこと。

どのサービスを使うかによって「読める雑誌の種類・数、月額の料金」などが違い、人によっておすすめが変わってきます。

紙の雑誌が好きな人やコレクションしている人、付録目当ての人であれば、今まで通り本屋やコンビニで購入しましょう。

ですが、雑誌が読めればいい人やそもそも雑誌を買うお金がもったいないと思っている人は雑誌読み放題サービスが最適。

月額料金は平均500円程度。高くても1,000円で読み放題になるので、毎月雑誌1〜2冊買う人であればすぐに元が取れます

 



雑誌読み放題サービスおすすめランキングTop3

今回のおすすめランキングでは、「価格・使いやすさ・読める雑誌の量、大手企業運営」の4つを基準に厳選しました。

基本的には、どの雑誌読み放題サービスを選んでも無料体験期間が用意されているので、まずは実際に利用し、最適なサービスかどうか?をあなた自身で判断してみてください。

体験期間内に解約すれば、1円も支払う必要はありません。

 

1位.楽天マガジン

楽天マガジン

サービス名楽天マガジン
運営会社楽天株式会社
月額料金月額:380円(税込418円)
年額:3,600円(税込3,960円)
対象作品数雑誌250誌以上
オフライン対応
無料体験期間31日間
公式サイトhttps://magazine.rakuten.co.jp
おすすめ度

数ある雑誌読み放題サービスの中で最も安い「楽天マガジン」。250誌以上がたったの月額380円で利用できる雑誌専門の読み放題サービスです。

2016年8月にサービスを開始。他社よりも後発ですが、その分、使いやすさや価格はよく研究されており、使っていて一番満足度が高くなるのは間違いありません。

日本国内に多くの楽天会員がいるという点も安心できるのではないでしょうか。誰でも知っている大手が運営しているので、安全面も確保されています。

また、月額・年額の支払いは楽天ポイントでの支払いが可能。人によっては現金負担が一切なくなるので、節約という面でも大きな存在になります。

\250誌以上が月額380円/

※解約はいつでも可能。31日間の無料体験あり

 

2位.Kindle Unlimited

Amazon Kindle Unlimited

サービス名Kindle Unlimited
月額料金月額980円
運営会社日本法人アマゾンジャパン合同会社
対象作品数コミック・書籍・雑誌12万冊以上
洋書120万冊以上
オフライン対応
無料体験期間30日間
公式サイトhttps://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/
おすすめ度

雑誌だけではなく、漫画や小説、ビジネス書など様々な本が読み放題になる「Kindle Unlimited」。Amazonが運営しており、おそらく世界で一番利用者が多い読み放題サービスです。

月額980円なので、楽天マガジンと比較すると少々割高感はありますが、読み放題の対象になっている本の数は全サービスの中で断トツの多さ。和書12万冊、洋書120万冊以上がこのお値段で読み放題になります。

雑誌だけを読みたいのであれば楽天マガジンが圧倒的おすすめですが、とにかく色々な本をたくさん読みたいという方はKindle Unlimitedが一番幸せになれるはず。

30日間の無料体験のほか、価格が安くなるキャンペーンも頻繁に行われているので、コスパ面も決して悪くありません。

\お得なキャンペーン開催中/

※解約はいつでも可能。30日間の無料体験あり

 

関連記事:Kindle Unlimitedのキャンペーンはいつがおすすめ?再登録や2回目も無料体験がある?

 

3位.Tマガジン

Tマガジン

サービス名Tマガジン
運営会社株式会社TSUTAYA
月額料金月額400円
対象作品数雑誌450誌以上
オフライン対応
無料体験期間1ヶ月間
公式サイトhttps://magazine.tsite.jp
おすすめ度

2019年5月にスタートしたばかりですが、450誌以上の雑誌が読み放題になる「Tマガジン」。DVDや書籍のレンタル・販売を行う”TSUTAYA”運営のサービスです。

450誌以上というのは全雑誌読み放題サービスの中でもかなり多いですが、メジャーな雑誌は楽天マガジンでも読めるため、価格が少し上がるTマガジンは3番目にしました。

ただし、扱いやすい点やTポイントが使える点は楽天マガジンにも引けを取りません。

楽天ポイントが余っている人は楽天マガジンを。Tポイントが余っている方はTマガジンを、といった具合に決めるとお金の負担は減らせます。

\Tポイントが使える・貯まる/

※解約はいつでも可能。1ヶ月間の無料体験あり

 



雑誌読み放題サービスの比較

サービス名
Kindle専用の無料アプリKindle Unlimited
U-NEXTのロゴU-NEXT
FODプレミアムのロゴFODプレミアム
楽天マガジンのロゴ楽天マガジン
コミックシーモアのロゴコミックシーモア
TマガジンのロゴTマガジン
タブホのロゴタブホ
ブック放題のロゴブック放題
dマガジンのロゴdマガジン
ブックパスのロゴブックパス
Yahoo!読み放題のロゴYahoo!プレミアム
運営会社アマゾンジャパン合同会社株式会社U-NEXT株式会社フジテレビジョン楽天株式会社NTTソルマーレ株式会社株式会社Tマガジン株式会社オプティム株式会社ビューン株式会社NTTドコモKDDI株式会社株式会社ビューン(ヤフー株式会社)
取り扱いジャンル雑誌・マンガ・書籍雑誌・動画雑誌・動画雑誌雑誌雑誌・マンガ・書籍雑誌漫画・雑誌雑誌雑誌・マンガ・書籍雑誌・マンガ
料金980円1,990円888円380円780円or1,480円400円500円500円400円562円(総合コース)462円
無料体験期間30日間31日間1ヶ月間31日間7日間1ヶ月間24時間1ヶ月間31日間30日間2ヶ月間(最長)

※表は横にスクロールできます。

今現在、日本にある雑誌読み放題サイトは上記表の11社が主流。

今回のおすすめランキングは”雑誌のみ”に焦点を当てて紹介しましたが、例えば動画見放題コンテンツもあった方がいいという人はU-NEXTが一番おすすめになります。

月額1,999円なのがネックですが、雑誌70誌以上・動画14万本以上のコンテンツが含まれています。まだどこの動画見放題サービスにも登録していない方はこの機会にU-NEXTに登録しましょう。

他のサービスと同様、31日間の無料体験があり、さらに毎月1,200ポイントが貰えるので、実質790円で利用可能です。

U-NEXT

サービス名U-NEXT
運営会社株式会社U-NEXT
月額料金月額1,990円
対象作品数雑誌70誌以上
オフライン対応
無料体験期間31日間
公式サイトhttps://www.video.unext.jp/

\14万本以上の動画も見放題/

※解約はいつでも可能。31日間の無料体験あり

 

読みたい雑誌が決まっているなら無料体験期間だけもOK

上記で紹介した雑誌読み放題サービスはすべて無料体験期間が用意されています。

無料体験期間でも一般会員と変わらず、対象の雑誌は読み放題に。そのため、気になる雑誌があれば、それだけを読んで解約するという手もあります。

体験期間内に解約してもお金は1円もかからないので、完全無料で利用できます。もちろん、再登録OK。ただし、2回目以降は無料体験はないので注意してください。

 

読みたい雑誌のバックナンバーがあるか探そう

本屋やコンビニとの違いとして、雑誌のバックナンバーがあるというのもこういったサービスの特徴。

そのため、好きな雑誌・購読している雑誌のバックナンバーがあるかを無料体験中にまずは探してみましょう。

僕の場合、旅行雑誌やキャンプ雑誌を主に読んでいるので旅行ガイドブック「るるぶ」やアウトドアファッション誌「GO OUT」のバックナンバーが読めるKindle Unlimitedを中心に利用しています。(あとブログ運営で役立つビジネス書”ライティングや稼ぎ方など”といった雑誌以外が読めるのも決め手)

ただ多くの人が”安く雑誌を読みたい”と感じているはずなので、単純に料金が安い「楽天マガジン」も本当におすすめです。

僕も雑誌しか読まないなら確実に楽天マガジンを選びます。最近は楽天マガジンでも「るるぶ」や「GO OUT」も追加されたので、不満点は特にありません。

兎にも角にも、無料体験がある以上、まずはあなた自身でいろいろと「使いやすさや雑誌の種類」を確認してみてください。

そもそも雑誌を買いに行く手間が省ける、というだけでも利用してみる価値ありです。

▼380円で250誌以上が読み放題
楽天マガジンの無料体験はこちら

▼120万冊以上が読み放題
Kindle Unlimitedの無料体験はこちら

▼Tポイントが使える・貯まる
Tマガジンの無料体験はこちら

▼動画見放題もお探しの方
U-NEXTの無料体験はこちら

 

雑誌読み放題サービスのよくある質問

Q.内容は実際に売られているものと同じですか?

A.広告・告知ページやクーポンページは基本的にはないので、本屋で買える雑誌と全く一緒ということはありません。

Q.バックナンバーは全て読み放題ですか?

A.雑誌によって読めるバックナンバーの数は変わってきます。どの雑誌読み放題サービスでも直近数ヶ月〜1年未満分が一般的です。

Q.付録がある場合はどうなりますか?

A.雑誌読み放題サービスはデジタルでの配信(電子書籍)なので、付録はありません。

Q.発売されているすべての雑誌が読み放題になりますか?

A.”対象の雑誌”は全て読み放題になります。対象というのは各サービスによって変わるので、必ずしも読みたい雑誌があるとは限りません。無料体験期間で読みたい雑誌があるか検索してみてください。

Q.無料体験期間終了後は自動的に引き落とされるんですか?

A.どのサービスも「登録すると最初の1か月は無料」という契約を結んでいるので、あなた自身が解約しない限りは体験期間終了後、自動的に引き落とされます。体験期間内に解約することを忘れないようにしましょう

▼380円で250誌以上が読み放題
楽天マガジンの無料体験はこちら

▼120万冊以上が読み放題
Kindle Unlimitedの無料体験はこちら

▼Tポイントが使える・貯まる
Tマガジンの無料体験はこちら

▼動画見放題もお探しの方
U-NEXTの無料体験はこちら


SNSでシェアして頂けると嬉しいです

この記事のタイトルとURLをコピー






About Me
Hossy
Name : Hossy
2018年にキャンプを開始した初心者キャンパー&ブロガー。主に購入したソロ用キャンプ道具のレビューやギア・ガジェットの最新情報、東海地方のこと、身の周りの出来事を記事にしています。
/ /