楽天マガジンの口コミ評判。雑誌読み放題サービスの比較やお得なキャンペーン情報も

POSTED IN:2020年2月5日 
by:

BOOK

楽天マガジンの口コミ評判。雑誌読み放題サービスの比較やお得なキャンペーン情報も

本読み放題のサブスク(定額制サービス)の中でも圧倒的な人気を誇る『楽天マガジン』。最新号〜バックナンバーまで、たくさんの雑誌が読めるようになる楽天運営のサービスです。

人気の理由として挙げられるのは、

・月額380円は業界最安
・250誌以上の雑誌が読める
・楽天ポイントで支払える
・31日間の無料体験がある‎

などがあり、数ある雑誌読み放題サービスの中では最もおすすめ。

そこで今回は、楽天マガジンの口コミ評判を中心に詳細やキャンペーン情報についてご紹介します。

楽天マガジンが気になっている人はもちろん、どこの雑誌読み放題サービスを利用しようか悩んでいた人も参考にしてください。

\おすすめランキングはこちら/

 



楽天マガジンの詳細

楽天マガジンの詳細

サービス名楽天マガジン
運営会社楽天株式会社
月額料金月額380円
対象作品数雑誌250誌以上
オフライン対応
無料体験期間31日間
公式サイトhttps://magazine.rakuten.co.jp
おすすめ度

楽天マガジンのおすすめポイントはやはり、最も安くいろいろな雑誌が読み放題になるというのが挙げられます。1日あたり約10円で利用可能。

また、1億人以上の会員数を抱えている超大手企業が運営しているというのも安心できますね。

楽天マガジンを利用するには楽天のアカウントが必要になりますが、みなさんすでに登録済みだと思うので、面倒なアカウントIDやパスワードの設定は不要。支払いも楽天アカウントと連携されるので、入力する手間を省けます。

さらに、楽天ポイントでの支払いもOK。少しでも気になっている方は、31日間の無料体験があるので、まずは気軽に楽しんでみてください。

\250誌以上が月額380円/

※解約はいつでも可能。31日間の無料体験あり

 

ラインナップ一覧

楽天マガジンで読める雑誌のラインナップは公式サイトにアクセスし、「参加雑誌一覧」から見る事ができます。

楽天マガジンのラインナップ(参加雑誌)一覧

楽天マガジン 公式サイトはこちら

読みたい雑誌のラインナップが揃っているか確認してみてください。

ざっと有名どころの雑誌を挙げると、

ア行AERA・アニメディア・anan・EX大衆・ViVi・VOGUE JAPAN・ESSE・LDK・園芸ガイド・OCEANS・auto sport・男の隠れ家・オレンジページ
カ行家電批評・関西ウォーカー・CanCam・九州ウォーカー・CLASSY.・CLUB HARLEY・CREA・月刊ザテレビジョン・GetNavi・GO OUT・GOLF TODAY
サ行サイゾー・SOCCER KING・サッカーダイジェスト・ザテレビジョン・Safari・GQ JAPAN・JJ・JELLY・週刊アサヒ芸能・週刊アスキー・週刊現代・週刊新潮・週刊大衆・週刊東洋経済・週刊ファミ通・週刊プロレス・週刊文春・週刊ポスト・女性自身・女性セブン・SPA!・Seventeen
タ行Tarzan・ダイヤモンドZAi・旅の手帖・たまごクラブ・ディズニーファン・Daytona・デジモノステーション・電撃Playstation・東海ウォーカー・東京ウォーカー
ナ行ナショナルジオグラフィック日本版・日経ウーマン・日経トレンディ・ニューズウィーク日本版・Nintendo DREAM・non-no
ハ行BiCYCLE CLUB・VIBES・パチスロ必勝本・韓流ぴあ・BE-PAL・Begin・美的・ひよこクラブ・Forbes JAPAN・FRIDAY・FLASH・PRESIDENT・北海道ウォーカー
マ行MAQUIA・Mac Fan・Myojo・ムー・MEN’S NON-NO・MORE・MONOQLO・MonoMax
ヤ行山と溪谷・ゆうゆう・Yogini・横浜ウォーカー
ラ行RIDERS CLUB・Lightning・ランドネ・LaLa Begin・LEE・ル ボラン・Ray・レタスクラブ
ワ行ワールドサッカーダイジェスト・WIRED・ワッグル・ワンダーフォーゲル

これでもほんの一部です。雑誌にもよりますが、バックナンバーが読めるものも多いので、月額380円というのは本当に激安だと思います。

\250誌以上が月額380円/

※解約はいつでも可能。31日間の無料体験あり

 

料金プラン

楽天マガジンの料金プランは”一つだけ”なのも分かりやすくて良いですね。月額380円(税抜)で雑誌が読み放題になります。

ただし「月額・年額」か、どちらを選ぶかによって総支払額に差がでてきます。

楽天マガジンの料金プラン

月額プラン:380円(税抜)/月
年額プラン:3,600円(税抜)/年

月額プランだと1年間で4,560円(税抜)を支払うことになるので、年額プランの方が960円安くなります。

ただし、こういったサブスクリプション(利用した期間に応じて料金を支払う方式)のサービスは解約が簡単にできるのも一つの特徴。楽天マガジンは違約金や解約料が一切発生しません。

そのため、個人的には月額プランで加入するのがおすすめ。ですが、年間約1,000円安くなるのも節約には大きく貢献してくれるので、長く使う予定があるなら年額プランを選びましょう。

\250誌以上が月額380円/

※解約はいつでも可能。31日間の無料体験あり

 

アプリを使えばオフラインでも読める

楽天マガジンのロゴ

楽天マガジンで雑誌を読む方法は「アプリ」または「ブラウザ」の2通りあります。

アプリにしかない機能として、雑誌をダウンロードすることでオフラインでも読める、というのがあります。自宅や近場のWi-Fiスポットでダウンロードすれば、通信料や電波状況を気にせずに雑誌を楽しめます。

その他、お気に入り登録できる、マガジンニュースなどもあってとても便利。痒い所に手が届くサービスは「さすが大手企業運営だな」と思う部分です。

楽天マガジンを利用する方は、必ずアプリの方もダウンロードをしておきましょう。もちろんアプリは無料でダウンロードできます。

楽天マガジンのアプリはこちら
App Store Google play

 



楽天マガジン・Tマガジン・dマガジンを比較

サービス名
楽天マガジンのロゴ楽天マガジン
TマガジンのロゴTマガジン
dマガジンのロゴdマガジン
運営会社楽天株式会社株式会社Tマガジン株式会社NTTドコモ
対象作品数雑誌250誌以上雑誌450誌以上雑誌400誌以上
オフライン対応対応対応
料金380円400円400円
無料体験期間31日間1ヶ月間31日間

楽天マガジンとよく比較されている雑誌読み放題サービスは「Tマガジン・dマガジン」の2つ。

個人的にですが、おすすめ順に並べるとしたら以下の通り。

楽天マガジン=Tマガジン > dマガジン

楽天マガジンとTマガジンはやはりポイント(楽天pt・Tpt)で支払えるのは大きいですね。dマガジンもドコモが運営しているので、dポイントでの支払いに対応していますが、前述した2つに比べると利用者は少ないと思います。

そのため、楽天ポイントを貯めている人は楽天マガジンを。Tポイントを貯めている人はTマガジン。ドコモの携帯を使っている人はdポイントという決め方が一番お得になるのでは。

楽天マガジンは読める対象のラインナップ数が少なく感じますが、独占配信している雑誌も多く、そこまでデメリットには感じません。

とにかくいろいろな雑誌を読みたいと思っている方は、楽天マガジンとTマガジンの2つに登録することをおすすめします。2つ登録しても月額は780円(税抜)。

楽天マガジン・Tマガジンにも無料体験期間があるので、まずは無料で利用してみて「気に入った方を継続する」という選択肢もありです。

\250誌以上が月額380円/

※Tマガジンの無料体験はこちら

 



楽天マガジンの口コミ評判

ここからはTwitterに呟かれていた楽天マガジンの口コミ評判をご紹介します。

良い口コミだけではなく、悪い口コミも載せているので参考にしてみてください。

 

悪い口コミ評判

楽天マガジンを解約した理由の多くが、「そんなにたくさんの雑誌を読まない」というもの。

とにかくラインナップ数が多すぎるのと、読みたい雑誌は無料期間中に読めちゃうので、本契約する前に解約してしまう人が多いようです。

一方で、「興味がない分野の雑誌も読める」と喜んでいる人も多いです。

本屋で買うほどでもないけど、少しだけ読みたい雑誌があった時は楽天マガジンが役立ちます。

僕自身も普段はスポーツ・アウトドア雑誌しか読まないですが、週刊誌や経済誌なども目を通すようになり、インプットの機会が大幅に増えました。

 

良い口コミ評判

良い口コミで多かったのは値段の安さと雑誌ラインナップの多さ

あとは、電子書籍自体が初めての人は、「本がかさばらない・スマホ一つで読める」という良さを発言している人も多かったです。

31日間の無料体験があるので、ぜひあなた自身で楽天マガジンの良いところ・悪いところを見つけてみてください。

\250誌以上が月額380円/

※解約はいつでも可能。31日間の無料体験あり

 

楽天マガジンのキャンペーン情報

楽天の良さはポイントが貯まりやすい点を挙げられます。

楽天マガジンも例に違わず、キャンペーンをうまく駆使すればポイントを効率よくゲットできるので、やり方をここで解説します。

楽天マガジンの登録・解約のやり方は以下の記事に記載しています。

関連記事:本読み放題サービスおすすめランキングTop3【登録〜解約方法も解説!無料期間あり】

 

1,000ポイントが貰えるキャンペーン

楽天マガジンを利用する前に、「楽天スタートボーナスチャンス」というキャンペーンを活用すると1,000ポイントが貰えます。

ただし、3つの条件があり、

①専用ページからエントリーする
②年額プランお申込み
③課金開始

これらを満たさないと1,000ポイントは貰えません。

①専用ページからエントリーする
以下のキャンペーン専用ページからまずはエントリーしてください。

1,000ポイントキャンペーン専用ページ

キャンペーン専用ページからエントリーする

まずはエントリー」という赤いボタンをクリックすると第一条件はクリアです。

楽天マガジンを初めて利用する方で、残り2つの条件「②年額プランお申込み&③課金開始」で1,000ポイントを貰えます。

楽天マガジンの支払いはポイントOKなので、実質1,000円安く使えることになります。

エントリー完了ページ

エントリー完了。楽天マガジン以外にも様々なサービスに適用されます。

この楽天スタートボーナスチャンスは毎月行われており、月初めにはリセットされてしまいますので、月が変わるごとにエントリーだけは済ませておきましょう。

 

200ポイントが貰えるキャンペーン

こちらも専用ページからエントリーすることで200ポイントが貰えます。

200ポイントキャンペーン専用ページ

初めて利用する方に限り、上記の専用ページから楽天マガジンに申し込むことで適用されます。

こちらは1ステップで完了。

200ポイントが貰えるキャンペーン

ただし、このキャンペーンは期間限定で行われているので、先ほどのキャンペーン専用ページから確認を行ってください。

また、両ポイントキャンペーンともに、申し込みした月の翌月20日頃にポイントは反映されますが”期間限定ポイント”になるので、付与された翌月までに使わないと失効してしまいます。

 

無料体験キャンペーンは常時開催

楽天マガジンを初めて利用する方は31日間無料キャンペーンは必ず適用されます。

雑誌のラインナップや操作性などを無料キャンペーン中に確かめてください。もし納得できずに解約しても費用は一切かかりません。

読みたい・気になる雑誌だけ読んで、さっさと解約するのも全然ありです。31日間は無料なので気軽に利用してみてくださいね。

\250誌以上が月額380円/

※解約はいつでも可能。31日間の無料体験あり

 

楽天マガジンのよくある質問

Q.雑誌読み放題で読める内容は実際に売られているものと同じですか?

A.広告や告知ページがなかったり、クーポンページが空白になっていることもあるので、必ずしも同じとは限りません。本屋で売られている雑誌よりも数ページ少ないのが基本。また、著作権の関係で芸能人などの顔がマスキングされている場合もあります。

Q.バックナンバーはいつでも読み放題ですか?

A.雑誌の種類によってはバックナンバーが入れ替わることもあります。そのため、無料期間中に該当する雑誌名で検索して確認してみてください。

Q.デビットカードが登録できなかったんですが何故ですか?

A.楽天マガジンはデビットカードでの支払いはOKなので、エラーが出る場合はカード発行会社側で問題発生している可能性があります。月額登録を規制している場合があるので、お使いのカード発行会社へ確認を入れてみてください。

Q.実際の雑誌発売日からすぐに読むことはできますか?

A.楽天マガジンであれば、ほとんどの雑誌は発売日に読むことができます。週刊誌等は1~2日遅れで配信されることが多いです。

\250誌以上が月額380円/

※解約はいつでも可能。31日間の無料体験あり

 

\雑誌以外の本も読みたい方/

SNSでシェアして頂けると嬉しいです

この記事のタイトルとURLをコピー






About Me
Hossy
Name : Hossy
2018年にキャンプを開始した初心者キャンパー&ブロガー。主に購入したソロ用キャンプ道具のレビューやギア・ガジェットの最新情報、東海地方のこと、身の周りの出来事を記事にしています。
/ /