スノーピークのチタンマグカップ、『シングルとダブル』『サイズ』の違い

POSTED IN:2018年12月29日 

GEAR REVIEW

スノーピークのチタンマグカップ、『シングルとダブル』『サイズ』の違い

スノーピークのチタンマグカップはシングルとダブルどちらがいい?

前回、スノーピークのシェラカップについて軽くご紹介しました。今回は同じくスノーピークの大人気商品マグカップについて。

シェラカップ同様、2,000円〜手に入れることができ、さらに使い勝手も抜群。一つは持っておいて損はないキャンプ道具です。

シェラカップの時は主に「チタンとステンレスの違い」についてでしたが、マグカップの場合は「シングルとダブル」で大きく性能が変わります。

マグカップ選びで悩んでいる方、スノーピークのチタンマグに興味がある方は参考にしてください。

関連記事:キャンプにおすすめのマグカップ12選

 

スノーピーク・チタンマグカップの基本性能

以下の表は価格も安く、重量も軽いシングルマグの基本スペック。

シングル(300ml)シングル(450ml)
サイズφ76.2×H82mmφ86.2×91.5mm
重量50g70g
価格¥1,730 (税別)¥2,030 (税別)

 

こちらは保温性・保冷性に優れたダブルマグの表になります。

ダブル(300ml)ダブル(450ml)
サイズφ76×86mmφ86×97mm
重量92g118g
価格¥3,430 (税別)¥3,930 (税別)

今回は実用性が高く、多くの人が購入を考える(300ml・450ml)での比較。スノーピーク製のチタンマグには、他にも220mlのサイズがあります。

もしお子様用にご購入を考えている方は、サイズが小さい220mlのマグカップがおすすめです。

過去には600mlのサイズがありましたが、公式では廃盤となっています。※Amazon等、一部ショップで購入可能

 

シングルとダブルの違い

シングルとダブルの大きな違いは構造にあります。名前の由来通り、シングルは一重構造となっており、ダブルは二重構造。

スノーピークシングルマグの断面図

シングルマグの断面図/ec.snowpeak.co.jp/

スノーピークダブルマグの断面図

ダブルマグの断面図/ec.snowpeak.co.jp/

単純な話、シングルは一重なので安価で軽い。ダブルは二重なので値段が高いですが保温性・保冷性に優れています。

どちらが良いのかは一概には決められません。その人のキャンプスタイルなどによっておすすめが変わってきます。

関連記事:スノーピークが牽引する”アーバンアウトドア”とは?次に流行る『キャンプ×都会』の組み合わせ

 

直火OKなのはシングルマグ

直火OKなのはシングルマグ

キャンプやってる感がグッと出ます

シングルとダブルでまず悩むのが「直火で温められるかどうか」だと思います。

シングルは直火OK、ダブルはNG。

焚き火やバーナの火で直接温めたい人は迷わずシングルをおすすめします。

逆にダブルの方は直火厳禁。二重構造の中には”空気”が入っており、火で直接温めてしまうとその空気が膨張して破裂の危険性があります。

注意点
シングルも公式では直火・空焚きは推奨されておりません。変形・変色の恐れがあるので、注意が必要です。ダブルは絶対に火にかけてはいけません。

また、シングルの方は価格が安く、ダブルの半値ほどのお値段。重量も軽く、登山やソロキャン向けのマグカップになります。

 

チタン・シングルマグのサイズと種類【比較表】

商品画像
商品番号MG-141MG-142MG-143MG-044R
容量220ml300ml450ml600ml
重量45g50g70g80g
サイズφ67.2×H79mmφ76.2×H82mmφ86.2×91.5mmφ96×103mm
おすすめ度
詳細ページ Amazonで見る Amazonで見る Amazonで見る Amazonで見る

スノーピーク・チタンシングルマグ

 

マグカップとしての性能で選ぶならダブル

マグカップとしての性能で選ぶなら、保温性・保冷性に優れたダブルがおすすめ。

経験ある方も多いかもしれませんが、例えば一度カップに入れたホットコーヒーを再度温め直すことは少ないです。全て飲み切り、また新しいコーヒーを入れなおす方が一般的。

したがって、一杯一杯をより長く楽しめるダブルの方が実用性があります。

特にコーヒーに拘りを持っている方、夏に冷たいビールを飲みたい方はダブルの方がより幸福感を得られるはず。

スノーピーク・チタンシングルマグとネスカフェバリスタ

家やオフィスでコーヒー飲む方にもダブルマグはおすすめ

 

チタン・ダブルマグのサイズと種類【比較表】

商品画像
商品番号MG-051FHRMG-052FHRMG-053RMG-054R
容量220ml300ml450ml600ml
重量75g92g118g145g
サイズφ70×80mmφ76×86mmφ86×97mmφ96×106mm
おすすめ度
詳細ページ Amazonで見る Amazonで見る Amazonで見る Amazonで見る

スノーピーク・チタンダブルマグ

シングル・ダブルどちらも素材がチタンでできているので、金属臭などの鉄臭さはありません。熱伝導率も低いので、取っ手や飲み口が熱くなりにくいのも特徴です。

スノーピークのチタンマグカップは持ち手部分を折りたためるので、シングルもダブルもスタッキング(重ねて収納)が可能

スノーピークのマグカップは持ち手を折りたためる

2つ目を購入する方は、サイズ違いを選ぶと荷物の邪魔になりません。

 

サイズの違い(300mlと450ml)

チタン・シングルマグ(45ml)

チタン・シングルマグ(450ml)

サイズについてはその人の好みもあるので一概におすすめはできませんが、僕個人としてはよりサイズの大きい450mlの方が、様々な用途で使う場面が多いと思います。

さらに、缶ジュースの一般的な容量である350mlが余裕に入り、スープなどを作るサイズにも適しています。

スノーピーク・チタンシングルマグ300ml

300mlだと、缶ジュース1本は入りません。

また、内径が500mlのペットボトルや250gのCB缶が入る大きさなので、パッキング時にも場所をとりません。

300mlのサイズは、コーヒーや紅茶を飲むのに適していますが、逆にそれ以外の用途が少ないです。

スノーピーク・チタンシングルマグ300ml持った感じ

こちらは300mlのシングルマグを持った時の画像。

僕も最初は実物を見て、300mlが思ってたよりも小さく感じたので450mlを購入。

サイズでの値段差は300円ほど。どうしても迷うという方はアウトドア店やスポーツ店で実物を見てからの購入をおすすめします。

 

一つは持っておきたいマグカップ

チタンなので、軽量かつ頑丈にできているマグカップ。値段もシングルなら2,000円前後で買うことが可能。

シングルやダブル、サイズなど、最初は色々悩むかもしれませんが、一度買ってしまえば一生物として長く使うことができます。

また、スノーピーク製品は所有欲を大きく満たしてくれるので、どれを買っても損をすることはありません。

マグカップに悩んだら、スノーピークのチタンマグカップを選んでみてはいかがでしょうか。

▼直火OK
スノーピーク・チタンシングルマグ

▼保温・保冷の効果が高い
スノーピーク・チタンダブルマグ


SNSでシェアして頂けると嬉しいです

この記事のタイトルとURLをコピー


About Me
Name : Hossy
2018年にキャンプを開始した初心者キャンパー&ブロガー。主に購入したソロ用キャンプ道具のレビューやギア・ガジェットの最新情報、東海地方のこと、身の周りの出来事を記事にしています。
/ /