キャンプ関連の資格6選。アウトドアの時に持っていると”かっこいい”のはどれ?

POSTED IN:2019年6月18日 
by:

BOOK CAMP RANKING

キャンプ・アウトドアの時に持っていると箔が付く資格5選

キャンプやアウトドア関連の仕事がしたい…

キャンプは趣味だけど、ステップアップして上級者を目指したい…

そう思った時に、「資格を取る」という選択肢も面白いのではないでしょうか。

キャンプ道具レビューブログ

キャンプ・アウトドアをやる上でのマナー(ルール)を始め、役立つ知識や技術を学ぶことができます。

 

特にお子さんがいるキャンパーは、安全性の点においても資格を取得しておいて損はありません。何より持っていると箔がついてかっこいいですよね。

そこで今回は、キャンプ・アウトドア関連の資格をご紹介します。

資格はいくらあっても困るものではありません。気になったものがあれば、ぜひ挑戦してみてください。

こちらの記事もおすすめ
【本読み放題サービス】Prime Readingをレビュー。Amazonのプライム会員なら無料で利用可能

\キャンプ・アウトドア雑誌が読み放題/

 



キャンプ・アウトドア関連の資格6選

資格の種類は大きく分けて「国家資格・公的資格・民間資格」の3種類。アウトドア関連の資格は基本全て「民間資格」になります。

民間企業や団体が運営し、独自の審査基準を設け、認定・授与する資格です。

※開催時期や場所、料金等はその年によって変わるので、公式サイトを参照してください。

 

キャンプインストラクター

キャンプインストラクター

キャンプ系の資格で最も知名度があり、キャンプを趣味にする人にとっては最も箔が付く「キャンプインストラクター」。

テントの張り方から安全管理、レクリエーション、野外炊事といったキャンプを行う際に必要になる実践的な知識・技術を身につけることができます。

キャンプインストラクターの資格は「日本キャンプ協会」と「日本オートキャンプ協会」の2種類があります。もし車を使った「オートキャンプ」をメインに行なっているのであれば、”日本オートキャンプ協会”が主催する資格を取得しましょう。

日本オートキャンプ協会

運営一般社団法人 日本オートキャンプ協会(JAC)
資格の種類公認オートキャンプ指導者
費用講習料:10,000円(講習料、テキスト代を含む)
受験・審査料:1,000円
登録料:5,000円(登録に至らなかった際は返金)
日程2日間
受験資格満20歳以上
オートキャンプ協会の個人会員(入会金:2,000円 年会費:5,000円)
場所・時期東京・年一回(冬)
公式サイトhttp://www.autocamp.or.jp

一方、日本キャンプ協会が主催する資格の方は3種類あり、キャンプディレクター1級を取ればキャンプ事業全体のマネジメントや社会的な立場からキャンプへ関わることができます。

日本キャンプ協会

運営公益社団法人 日本キャンプ協会
資格の種類・キャンプインストラクター
・キャンプディレクター2級
・キャンプディレクター1級
費用参加費:12,800円(テキスト、宿泊費、食事費、保険料込み)
資格取得検定:15,000円(受験料、公認料、登録料、入会金、初年度会費等込み)
日程3日間
受験資格満18歳以上の方
場所・時期兵庫県・年一回(6月)
公式サイトhttp://www.camping.or.jp

どちらもキャンプをやる上で役立つ知識や技術を学べること間違いなし。日程に余裕がある方はぜひ参加してみてください。

 

ブッシュクラフトアドバイザー・インストラクター

ブッシュクラフトアドバイザー・インストラクター
キャンプよりもさらにサバイバルに特化した「ブッシュクラフト」。実はこの分野にも資格が存在し、それが「ブッシュクラフトアドバイザーとインストラクター」の2種類。

最低限の荷物を持って森で過ごすための知識や技術を学ぶことができ、ナイフの使い方やシェルターの作り方、ロープワーク、焚火に関する知識などを講習で受けられます。

まずは1泊2日のインストラクター養成プログラムを受け、その後、計6日間のインストラクター養成プログラムを受講できるようになります。

Japan Bushcraft School

運営Japan Bushcraft School(一般社団法人危機管理リーダー教育協会)
資格の種類・ブッシュクラフトアドバイザー
・ブッシュクラフトインストラクター
費用・ブッシュクラフトアドバイザー
35,000円〜46,000円(講習費、食費、保険費用、宿泊費込み)

・ブッシュクラフトインストラクター
138,000円(講習費、食費、保険費用、宿泊費込み)

日程・ブッシュクラフトアドバイザー
2日間

・ブッシュクラフトインストラクター
1泊2日×3回(計6日間)

受験資格記載なし
場所・時期茨城や福岡、熊本など・年3〜4回
公式サイトhttps://bushcraft.jp

タープやコッヘル(小型の調理器具)、金属製ペグ4本などを持参しなければいけないので、キャンプを全くやらない人にとっては少しハードルが高いかもしれません。

ですが、普段からキャンプをやっている人は逆に荷物を減らすだけなので容易に参加できます。費用は高いですが、外遊びの時に持っているとかっこいい資格。

Image by amazon.co.jp/

ブッシュクラフト-大人の野遊びマニュアル: サバイバル技術で楽しむ新しいキャンプスタイル

Image by amazon.co.jp/

ブッシュクラフト入門 キャンプでブッシュクラフトを楽しもう! キャンプで身に付く自然環境での生活スキル

 

\こちらの記事もおすすめ/

 

ネイチャーゲーム指導員

ネイチャーゲーム指導員

「とにかく自然が好き!」という人におすすめなのが「ネイチャーゲーム指導員」。別名”自然案内人”とも呼ばれ、自然物やフィールドを使ったゲーム活動を行います。

講習は座学(5〜6時間程度)と12以上のネイチャーゲームアクティビティの体験・指導実習という内容。

筆記試験も行われるようですが、講義を受けていれば答えられる問題ばかり。ネイチャーゲームは「楽しみながら」がモットーなので、安心して受講してみてください。

日本シェアリングネイチャー協会

運営公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会
資格の種類ネイチャーゲームリーダー
費用3日間講座:25,000円~35,000円
2日間講座:18,000円~25,000円

リーダー登録希望者(検定合格者)
10,480円(消費税8%を含む)

日程2日間〜3日間
受験資格満18歳以上
場所・時期各都道府県・年一回・各会場30名程度(先着順)
公式サイトhttps://www.naturegame.or.jp

保育園や小学校に勤めている方に人気の資格で、教育現場で大いに役立ちます。お子さん連れのファミキャンを主流に行なっている方は、この資格があればよりアウトドアを安全・快適に楽しめるはず。

Image by amazon.co.jp/

ネイチャーゲーム原典 シェアリングネイチャー 自然のよろこびをわかちあおう

 

森林インストラクター

森林インストラクター

”森の案内人”として、森林内での野外活動指導を行う「森林インストラクター」。森林や林業について深く学べる資格です。

一次試験・二次試験があり、合格率30%を満たない難関資格ですが、合格すれば森のスペシャリストとして活動が行えます。

バードウォッチングや林業体験、林間学校、キャンプ等でコーディネイトを勤められる資格。

全国森林レクリエーション協会

運営一般社団法人全国森林レクリエーション協会
資格の種類森林インストラクター
費用18,000円(受験料)
5,000円(登録料)
日程[1次]10月上旬
[2次]11月下旬
受験資格満20歳以上
場所・時期各都道府県・年一回
公式サイトhttp://www.shinrinreku.jp

勉強必須の資格ですが、独学よりは協会が主催する講習会に参加した方が合格率が上がります。森の中で過ごすことが多いキャンプ。あると便利な資格です。

Image by amazon.co.jp/

森林インストラクター入門

 

バーベキューマスター

バーベキューマスター
BBQの時にとにかく盛り上がるのがこの「バーベキューマスター」。日本バーベキュー協会が考案した検定を受けることで手に入る資格です。

約2時間の講義と実習を受け、筆記試験(20問以上正解で合格)に合格すると貰えます。BBQの文化・歴史から分厚いステーキの焼き方、串BBQの失敗しない方法などが学べます。

費用もそこまでかからないので、BBQをよくやる方はぜひ取得しておきたい資格。上級インストラクター(上級検定)も用意されています。

日本バーベキュー協会

運営日本バーベキュー協会
資格の種類バーベキューマスター
費用認定料:2,000円
初年度年会費:1,000円
日程4時間程度
受験資格エキスパート検定以上の受検には、下位の資格を既得
場所・時期各都道府県・月数回
公式サイトhttps://jbbqa.org

キャンプでは火を使った調理が必須。そんな時にバーベキューマスターの称号を持っていれば、ワイルド&スマートに行えます。

Image by amazon.co.jp/

新バーベキューの教科書

 

労働安全衛生の特別教育(伐木や刈払機)

資格とはまた違いますが、チェーンソーによる伐木作業や刈払機を扱う際の安全対策を学べる特別教育があります。

僕も将来、田舎に越した時に「林業でもやろうかな?」と思って2日間の講習を受けました。

労働安全衛生の特別教育(伐木や刈払機)

日本国内で”労働”としてチェンソー等を扱う場合は、この特別教育を受講していないと労働安全衛生法に違反してしまいます。(趣味で使う分には無理して取る必要はありません。)

労働安全衛生の中には「プレス機械やガス溶接、ボイラー取扱、足場の組立て」などもありますが、伐木や刈払機については各都道府県にある森林組合や機械メーカーの教習所などで受講可能。

運営林業・伐木等作業に関わる各団体
資格の種類労働安全衛生特別教育修了証
費用6,000円〜18,000円(テキスト代・消費税含む)
日程1〜2日間
受験資格
場所・時期各都道府県・月数回
主要サイトhttps://www.mori-anzen.com/

最近は個人で山を購入してキャンプ場を自作するのが流行っていますよね。邪魔な木を切ったり、草を刈る時に使うチェンソーや刈払機の講習を受けておけば、全くの初心者でも最低限の安心は確保できます。

特に田舎での生活に憧れを持っている方は、ゆくゆく就職や趣味にも活かせるかもしれません。興味がある方は講習を受けてみてください。

120万冊が読み放題。資格取得に役立つサービス
Amazon Kindle Unlimited

\30日間の無料体験あり/

 



アウトドア関連の仕事は何がある?

アウトドア関連の仕事は何がある?

上記の資格を取得したからといって簡単に就職できるわけではありません。趣味の延長線上にあるものなので、資格を取った方の多くはボランティアや無給で働いている人ばかり…。

もしどうしてもアウトドアのお仕事をしたいなら「リゾートバイト」がおすすめです。

キレイな景色が目の前に拡がり、さらにお給料も貰える。自然が大好きな人にとってはとても魅力的なお仕事です。スタッフもお客さんも自然・アウトドア好きな人が集まるので、あなたにとって良い人間関係を築けます。

バイト募集ばかりで正社員はなかなかありませんが、資格取得や趣味への時間を増やすことも可能。また、バイトをすることで実務経験を積み、今後の就職活動が有利になることも。

アウトドアや自然に興味がある方は、ぜひリゾートバイトで楽しくお金を稼いでみてください。

リゾートバイト.com

運営株式会社グッドマンサービス
職種リゾートホテル、旅館、ペンション、スキー場、山小屋スタッフなど
時給時給1,100円以上の高額案件を多数掲載
期間短期〜長期
応募資格満18歳以上(高校生不可)
場所全国各地(海外あり)
公式サイトhttps://www.resortbaito.com

リゾバ業界No.1の高時給

 

関連記事:キャンプ・アウトドア関連の仕事(副業)は何がある?求人の探し方や給料について

こちらの記事もおすすめ
なぜ今キャンプが人気なのか。第二次キャンプブームについて考察してみた


SNSでシェアして頂けると嬉しいです

この記事のタイトルとURLをコピー






About Me
Hossy
Name : Hossy
2018年にキャンプを開始した初心者キャンパー&ブロガー。主に購入したソロ用キャンプ道具のレビューやギア・ガジェットの最新情報、東海地方のこと、身の周りの出来事を記事にしています。
/ /