『ロスコ(ROTHCO)』の背負えるダッフルバッグ。バイクに合うミリタリー仕様:レビュー

POSTED IN:2019年1月12日 

GEAR REVIEW

ミリタリー仕様『ロスコ(ROTHCO)』の大容量ダッフルバック:レビュー

「どんなキャンプスタイルを目指し、どんな風に自然の中で過ごすのか」というのは、その人自身にしか分からない趣向があって興味深いものですよね。インスタやYoutube動画を見て、いつもみなさんには勉強させていただいています。

まだまだキャンプスタイルが定まらない僕ですが、バッグだけは「こういうスタイルが良い」というのは決まっていました。

こんな感じや…

ミリタリーキャンプ・バイク01

Image by pinterest.jp/

こんな感じなど。

ミリタリーキャンプ・バイク03

Image by pinterest.jp/

関連記事:ソロキャンプ用バックパックのおすすめ5選。ミリタリーで行くバックパックキャンプ

だいたいどんなイメージなのかは伝わったでしょうか。共通しているのはバイクです。僕も普段からバイク(SR400)に乗っているので、キャンプを始める時は”バイクに合うミリタリー仕様のバッグ”を前提に探していました。

そして色々なサイトを物色し、最終的にAmazonで見つけたのが『ロスコ(ROTHCO)』のダッフルバックです。

関連記事:初めてのソロキャンプで必要な道具は?3万円以内で揃える初心者装備

こちらの記事もおすすめ
キャンプ道具をお得に購入する13の方法。Amazonを活用した節約術など

 

ロスコ(ROTHCO)とは

ロスコ(ROTHCO)logo

Image by rothco.com

ROTHCO(ロスコ)とは、アメリカのミリタリーウェアブランド。当初より米国陸軍&海軍に製品を供給してきたが、現在はミリタリーウェアだけではなく、警察服、アウトドアグッズ、セキュリティ用品など幅広い分野の多様なアイテムを取り扱っている。

Via : fukudb.jp/

1953年設立と歴史は深く、ミリタリーウェアをファッション化した製品を多く販売している企業。キャンプ向けのメーカーというよりは、軍用品やサバゲーに興味がある人が多く利用しています。

ロスコ公式HPに「OUTDOOR & CAMPING」カテゴリがありますが、主にジャケットや手袋、あとは何故かギリースーツやフェイスペイントなどもキャンプカテゴリに。

ミリタリー仕様のギアが欲しい人はロスコの製品を探してみてもいいかもしれません。

 

ロスコ(ROTHCO)・ダッフルバックの詳細

『ロスコ(ROTHCO)』の背負えるダッフルバック

Image by amazon.co.jp/

メーカー名ロスコ(ROTHCO)
サイズ28cm × 28cm × 96.5cm
重量617g(発送重量)
カラーOD(オリーブドラブ)
素材キャンバス
価格3,619円

今回購入したのがこちらのダッフルバック。

【正規品】ロスコ/ROTHCO GIスタイル 大容量 ダブルストラップ ダッフルバック バックパック

特筆すべきなのは3,619円という価格。バックパックとしての容量は問題ないのですが、外側はiPhone一台分だけ入る小さいポケットのみ。機能としてはただ物を詰め込むだけの袋で、その辺りが価格に反映されています。

正直、「3,619円なら失敗しても良いかな?」ぐらいの気持ちで購入しましたが、想像以上に生地が厚く、ソロで使う全てのキャンプ道具が入る容量だったので、結果的に買って良かったと思っています。

『ロスコ(ROTHCO)』の背負えるダッフルバック

ロスコ・ダッフルバック

 

背負えるダッフルバック

ダッフル・バッグというのは、見た目はボクシングのサンドバッグのような形で、持ち手が一つ、もしくは片側の肩にかけるタイプが一般的。ですが、今回購入したロスコのダッフルバックはダブルストラップが付属しており、背負うことができます。

ロスコのダッフルバックはダブルストラップが付属

鎖骨から肩、背中に当たる部分は生地が2枚重ねとなっており、これが思った以上に体への負担を和らげてくれます。

また、調節バックルも付いているので、長さの調整も可能。持ち手があるので、背負う以外に片手で持ち上げることもできます。

ロスコ・ダッフルバック外側ポケット

持ち手部分

持ち手横には小さなポケットが一つ。

持ち手の横に小さなポケット

最低限の機能しかないのが、無骨さを醸し出します

 

素材は丈夫なキャンバス生地

ロスコのダッフルバッグに使われている素材は”ヘビーウェイトコットンキャンバス生地”。

コットンの太番手糸を使用した厚手の平織物のことで、丈夫で強く、かつ破れにくいのが特徴。ヨットの帆などにも使われている生地です。

テンマクデザインのパンダTC(約5kg)やその他冬用装備など、計10kgほどの荷物を詰め込んでも壊れない安心感があります。また、耐水性はあまり強くありませんが、あえて洗濯してUSED感を出すことも可能。

キャンバス生地の注意点
アウトドアやキャンプに最適な生地なのは間違いありません。ですが、バッグ単体でも結構な重さがあります。登山や徒歩が中心になるのであれば、あまりおすすめはできないかもしれません。

 

バッグの開口部は金具ロック

ロスコ・ダッフルバック金具ロック

いざ荷物を詰め込み、開口部を閉じる時は金具ロックを使用。全部で4つのO型穴があり、一つからは細長いリングが飛び出ています。

その細長いリングを他3つの穴に通して留めることで、開口部は閉じます。

ロスコ・ダッフルバック金具ロック02

他の穴に通していく

全ての穴に通し終わったら、バッグの側面にあるカラビナでロック。

ロスコ・ダッフルバック金具ロック03

両手を使わないと閉じることは難しく煩わしい。が、そこにロマンを感じてしまいます

僕の場合、ソロキャンプ道具全てを入れると2つの穴しか通すことができなかったのですが、物が落ちるなどの問題はありませんでした。

ソロキャンで入れた荷物
テント(パンダTC)
グランドシート
冬用シュラフ
インナーシュラフ
エアマット
椅子・テーブル
ブランケット
調理器具一式
etc…

食材や水、薪などが入る余裕はなかったので、別途、バイクに直接詰め込む事も想定しなければいけません。

夏はシュラフなどが軽くなるので、その分、もっと余裕が生まれます。また、テントをさらに軽量なものを選べば、食料や水等、現地調達してそのまま詰め込めます。

こちらの記事もおすすめ
買って良かったおすすめキャンプ道具

 

容量大きく、見た目も満足なバッグ

キャンプで使う人はあまりいないのかもしれませんが、ミリタリー仕様のダッフルバックはサバイバル感を演出できておすすめ。

何より70Lほど入るにも関わらず、価格は3,619円。既にメインのバッグをお持ちの方も、気分転換に一つ持っておいていいのではないでしょうか。

バイクに乗った時の見てくれはカッコ良く、キャンプの道中、”旅している感”を出して盛り上げてくれます。

『ロスコ(ROTHCO)』の背負えるダッフルバック

ロスコ・ダッフルバック

関連記事:超軽量おすすめテント15選。ソロキャンプや登山、バイクにもOK【1kg以下】

こちらの記事もおすすめ
最新のキャンプ道具・ハイテクアウトドア用品11選【ガジェット好き必見!】


SNSでシェアして頂けると嬉しいです

この記事のタイトルとURLをコピー


About Me
Name : Hossy
2018年にキャンプを開始した初心者キャンパー&ブロガー。主に購入したソロ用キャンプ道具のレビューやギア・ガジェットの最新情報、東海地方のこと、身の周りの出来事を記事にしています。
/ /